ジュースは糖分が多い?おすすめは栄養たっぷりの「アスミール」

 

日頃意識せずに飲んでいるジュース。とても美味しいですけれど、実は糖分がたっぷり含まれているってご存知でしたか?

 

 

紅茶やコーヒーを飲む方ならば、スティックシュガーを使う事も多いでしょう。

 

 

1本3グラムのスティックシュガーですが、1本だけじゃ足りずに2本3本と注ぎ足す度に罪悪感がわいたと言う経験をした事がある方も多いのではないでしょうか。

 

 

数本でもドキドキしてしまうスティックシュガーですが、実はペットボトルのジュースにはスティックシュガー15本分以上の糖分が入っている事が多いです。

 

 

普段飲んでいるジュースにどれくらいの糖分が入っているのか知りたいけれど、具体的な数字が記載されていない。そう思われるかも知れませんが、基本的にジュースの糖分は「糖分」と言う名称では記載されていません。

 

 

ジュースに含まれている糖分は「炭水化物」と記載されているので、炭水化物が何グラム含まれているのかを確認すると良いです。

 

 

500ミリリットルのペットボトルの場合は100グラム単位での量になるので、記載量に5をかけて500グラムの量を計算しましょう。

 

 

例えば100ミリリットルあたり10グラムの糖分が含まれている場合は、500ミリリットルなら50グラムとなります。50グラムは3グラムのスティックシュガー約17本分と考えると、ジュースにどれだけ大量の糖分が含まれているのかがよく分かると思います。

 

 

栄養ドリンクにも糖分が大量に・・・それならおすすめは「アスミール」

 

身体に良いとされている栄養ドリンクでも、実は成分表を見てみると炭水化物が7グラムから10グラム程度は含まれているので、気を付けなければなりません。

 

 

しかし子供は苦みや酸味を好まない事が多いため、飲みやすくするために多少の糖分が入っているのは仕方がありません。問題は1日にどれだけ飲むかです。

 

 

含まれている糖分の事を思うと、頻繁に飲むものより、1日1杯と決めて飲むものの方が良いです。

 

 

そこでおすすめは成長期に必要な栄養素が簡単に摂取できる成長応援飲料の「アスミール」。牛乳に溶かして1日1杯飲むだけで不足している栄養を補う事が出来ると言う、すぐれた栄養ドリンクです。

 

 

子供は糖分に気付かない!アスミールなら1日1杯で大丈夫です。

 

子供は自分が気に入った味だといくらでも食べたり飲んだりしてしまいますが、自分が摂取した糖分には無頓着です。

 

 

親御さん自身、健康ドリンクのつもりでお子さんに与えていたのに調べてみたら意外にも糖分がたっぷり含まれていたと言う経験があるでしょう。

 

 

ジュースや栄養ドリンクに含まれている糖分は、親御さんが気を付けてあげましょう。アスミールならば1日に1杯飲むだけなので、糖分を過剰摂取する心配もありません。

 

 

ココア味で美味しいので、お子さんも喜んで飲んでくれるはずですよ(*^_^*)

 

 

 

関連ページ

アスミールの効果は高校生まで?制限なんてもたなくていい!
アスミールは高校生まで?とか思っている方もいると思いますが、そんな制限を設けなくても大丈夫です。確かに成長期は高校生ぐらいで終わりますが、大人でも飲んでいる人はいますよ。
アスミールの売ってる場所は?どこで買えるの?取扱店を調べてみた!
今大人気の成長応援飲料「アスミール」の売っている場所はどこなのか、取扱店を調べてみました。どこで買えるのか調べている方は必見です。
「胡散臭い」「怪しい」こんなアスミールの噂ってホント!?
アスミールの「噂」ってご存知ですが?どうやら「うさん臭くて怪しい」みたいなのです…。そんな噂はホントなのでしょうか。徹底的に調べてみました。
お試しや返金保証はなし…でもアスミールの初回限定の定期購入が凄い!
お試しや返金保証があれば気軽に商品を購入することもできます。アスミールにはそんなサービスはありません。しかし、初回限定の定期購入が凄いんです!そのお得すぎるサービスについて解説します。
アスミールを楽天で購入するデメリット!売り切れの心配は?
ここではアスミールの商品情報で「楽天で購入するデメリット!売り切れの心配は?」をご紹介しています。
CMでも人気が高い話題の成長応援飲料アスミールを公式で調べてみた!
購入前に知りたいアスミールの情報で「CMでも人気が高い話題の成長応援飲料アスミールを公式で調べてみた!」をご紹介します。
対象年齢がある!?アスミールは何歳から何歳まで飲めるの?
アスミールには対象年齢があるのでしょうか…。もしあるなら何歳から何歳までがおすすめなのでしょうか。対象年齢とともにアスミールを何歳から何歳まで飲めばいいのか解説します。